イベントのお知らせ :新企画です。

みなさんどうもご無沙汰しております、関根です。まずはイベントのお知らせです(個人的な近況報告はその後に)!

SPEAKLOW! SPEAKEASY [Music Sessions Vol.1]

「いい環境でじっくり演奏したい。でも大掛かりじゃなくてコソッとゆったりと。。。そしてお客さんにもかぶり付きで聴いてほしい」

 

そんな要望に自分たちで応えるそんなシリーズの開始です!とても面白い隠れ家の様なリハスタを作った二人組の「城」The Music Parlourとタッグを組み展開させていく、このシリーズ。最初の回はすみません、自分がでます。テストみたいでゴメンなさい!

でも理由があります。長年の友人であり姉妹のようなブルガリア出身のボーカリスト、マヤがニューヨークから二週間帰ってきているんです。彼女とともにじっくりスタンダードを演奏します。スペシャルゲストとしてシンガポールに数少ないジャズギタリストのうちの一人、Alvin Wong氏を招いて3人で色々なジャズスタンダードを追求しよう!というそんな魂胆です。Alvinは実はジプシージャズにのめり込んでいて、そちらの方では第一人者なんです。そんな3人での演奏、本当に楽しみです。

詳細はBGMウェブにもありますがここでも。

SPEAKLOW! Speakeasy [Music Session Vol.1 : Jazz Standards]
日程: March 11th (Fri)
演奏時間 : 7:30-10:30pm (2 セット)
会場:The Music Parlour Pte. Ltd.
3 Coleman Street #04-20 Peninsula Shopping Center
http://themusicparlour.com.sg/

The Trio :
Maya Nova (vocals)
Alvin Wong (guitar)
Aya Sekine (関根綾 / piano & pianica)

 

チケットは前売り10ドル、当日15ドル。お名前と枚数をメールにてRieまで送ってください!
Rie@bongoutmusic.com

もう予約がすでに入っていますのでなるべく早めにご連絡ください。そしてちょっと早めに来てくださいね。

 

で、個人的な話:

今週月曜日にブログをアップデートしようと思いましたが、結局1週間経ってしまいました。到底無理でした。ここ二週間、三つも課題の締め切りがあってちょっと往生してます。容赦なく与えられる課題ですが(数週間前に一応出されていたんですが)、ギリギリまでできないんですよね、なぜか涙 私の所属している芸術・文化事業科には女性が4人。それぞれ本当に個性的で「Fab(fabulous)4」って自分達のこと勝手に呼んでいます(笑)教授の講義の内容も満遍なく行き渡るコンパクトなクラスですが、やっぱり大人はなかなか勉強だけという毎日にはなりませんよね。でもなんとかみんなで助け合いながらやってます。Vision Festivalというニューヨークで21年に渡って続いているフリージャズ(アヴァンジャズ)のフェスティバルのレポートが明日の夜締め切り。その次の日に愛国心と音楽シーンの関連性についてのプレゼンするのですが、全然できてませんねえ。。。

さて、次回の投稿は私から、リエの紹介ですよ!

そして、まだまだあります、ジャズ企画。ちょっと大きめの告知が来ます、乞うご期待。。。締め切りの連続で、寝不足で全然寝てないのに、眠くない。。。ボングウの事をやっちゃってます。ちょっと不眠気味ですがこれ終わったら寝ます。おやすみなさい。

はじめまして!

はじめまして!ボングウミュージックのスタッフ、神田洋平です。初めての投稿なので、簡単な自己紹介をしたいと思います。

神田洋平(カンダヨウヘイ)  神奈川県藤沢市生まれ 藤沢市育ち

学生時代、軽い気持ちでニューオリンズに遊びにいったのですが、そのときに現地の音楽と、そこで生活する人々の音楽との関わり方に衝撃を受けました。それ以来、ニューオリンズの音楽(特にニューオリンズスタイルのブラスバンド)にどっぷりハマり、もう15年以上、この音楽を演奏&追求しています。様々な偶然が重なり、しばらくシンガポールに住むことになったのが、今から3年前。そこから更に紆余曲折を経て、この度、ボングウミュージックのお手伝いをすることになりました。

思い返せば、シンガポールに住む決心をした直接的なきっかけは、アヤさんがシンガポールの音楽事情を紹介してくれたから。そして、ボクが今、シンガポールでニューオリンズスタイルのブラスバンドをやっているのも、ボングウミュージックが日本のブラスバンドをシンガポールに呼ぶのを手伝ってくれたおかげでした。

気づけば、ボクのシンガポール生活でのターニングポイントに関わっていたアヤさんとボングウミュージック。そんなボングウミュージックにスタッフとして関わることになるなんて、なんだか不思議な気持ちです。

さて、ボングウミュージックは今、水面下で色々なプロジェクトが進行中。もう少ししたら、みなさんにお知らせすることができると思います。こうご期待!

こんにちは関根綾です。

お約束していた日本語ブログのはじまりはじまり〜。題して「喫茶ボングウ」です。

ボングウミュージック 創始者/ディレクター/キュレーター、そしてボングウ3代目の関根綾(せきねあや)です。

で、トップのロゴ。

 

実はおじいちゃんの代の「ボングウ」のものなんです。昭和40年代北九州は小倉の毎日会館にあったブティックだったんですが、商品についているタグやレターヘッドにあったロゴをちょっと前に取り込んだのを忘れていました。それと、ブログのタイトルにある「喫茶ボングウ」ですが実在しました。おじいちゃんのブティックの一部、そしてシンガポールで私の両親が14年にわたって経営していました。小倉のボングウでは私の母がカレーを作って出していまして、シンガポールのボングウでもそのカレーを作り続けていました。私はボングウの3代目なのです。

去年の帰省した時に初代ボングウのお宝写真を沢山見つけたので追々アップしますね。

私の近況。

大学院の授業が始まってやりたい事に向かって講義を受けたり課題を読んだりしていますが、さすがに学位の時とは違いますわ。。。溺れそうなのをなんとか浮かんで進んでる感じです。アップアップですよ。でも充実してます。

まあ、個人的にもの書き出すととことんな性格なんで、敢えてこんな感じで等身大で。次はボングウのメンバー紹介になるかな?会社の動きやこれから起こる数々のムーブメントについてなど、少しずつアップデートして行きます。

喫茶ボングウ、ゆるゆるして行こうと思っています。以後お見知り置きをよろしくお願いします。